国会図書館で図書館カレーを食ってきた

図書館カレー

 

 

霞ヶ関で仕事があったので、お昼ごはんどうしようかとおもって、国会図書館に食堂があったと思い行ってきた。

 

 

さらっと入って食べようと思ったら、当日利用登録をして、IDをもらって入らないといけないということで、意外と大変だった。

 

 

メニューは「図書館カレー」をチョイス。メニュー見て一択でした。写真のブツです。シンプルにカレー、牛肉。なんか給食みたいな味でほっこりした。

 

 

なんかメガカレーみたいなメニューがあったんですが、陳列ケースのサンプル見たら、トレーに盛り付けてる? みたいなデカさでした・・・。

 



 

ANAで羽田からニューヨークへ行ってきた

ANAで羽田からニューヨークへ行ってきました! 他の路線よりもビジネスクラスの席数が多いこの便。

 

とはいえ、わたくしは安定のエコノミーです。でもエコノミーの人数自体が少ないから、サービスが来るのも早くていいです。

 

 

座席の前後幅もこの余裕。リクライニングは背もたれが倒れるタイプじゃなくて、座面が前にずれるタイプなので、前の席にでかい人が座って圧迫されるなんてこともない!

 

 

テーブルも大きくて良いですね。

 

 

ANAはCAさんのサービスはさすが。でもエンターテイメントシステムのコンテンツはあんまし面白いの多くないです。実写版「美女と野獣」を2回見ました。

 

 

ニューヨークへの直行便、飛行時間は13時間! 寝て起きて、食べて、映画見て、寝て起きて・・・。あと4時間かー。みたいな感じ。幸い行きも帰りも隣は空席だったのでつらくはなかったですが、予約率80%とか。

 

 

 

 

機内食は普通。ファミレスで出てきそうなメニュー。この他に、コロッケカレーが選べたのは個人的にツボでした。coco壱番かよ!

 

 

 

 

ニューヨーク、JFK空港からはクルマで今回の目的地ニュージャージー州へ。渋滞ひどい・・・。帰りの空港にアクセスするときも渋滞がひどくて焦りました。

 

 

アメリカに行ったら一度は食べることになるラップサンド。添え物がサラダとチップスだったんですが、このチップスが塩漬けかよってくらいしょっぱくて・・・。砕いてラップサンドに巻き込めばよかったかな

 

 

アメリカの空港はJFKと、ノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港しか行ったことないけど、ターミナルがコンパクトで入国審査に時間がかかる以外は、スピーディー。

 

 

帰りのJFK。眺めのいいバーでビール。IPAは性に合わなくて悪酔いするので、さらっとドラフトビールを

 

 

 

コナに行きたいか! うーん、一人じゃなければ 出張以外で海外に行ったことない

JALさんがツイッターでキャンペーンしてますね。常夏の島とかって行ったことないんですが、やっぱり楽しいんでしょうか。観光で海外に行ったことないから、どうやって楽しんだらいいかわからなそう・・・。

 

アリタリア航空で出張してきた

イタリアのフラッグキャリアでありながら、何度も経営危機に瀕しているけど、つぶれないすごい航空会社がアリタリア。アライアンスはスカイチーム。

 

 

何度もイタリアには行っていますが、アリタリアを使う機会はそう多くありません。イタリアに行くのに最も頻繁に使うのはなんとエミレーツ。ドバイを経由するあれですね。イタリアの知り合いいわく、価格も安いし、機材は新しいので人気なんだとか。

 

日本人的にネックなのは、いわゆる南回り航路になるので、イタリアにいくのに正味17時間かかるところ・・・。

 

 

乗るたびに、こんなにイタリアって遠かったっけ?って思います。南回り航路なら、イスタンブール経由のトルコ航空が個人的には好き。最近物騒なイスタンブールというのが唯一にして最大の懸念点ですが。

 

 

そんなアリタリア航空はこんな感じ。白い機体にグリーンのラインと、赤のアクセントが素敵。イタリアントリコロールですね。

 

 

ローマ・フィウミチーノ空港にて。左に写っているのはイタリアのビール「ナストロアッズーロ」。イタリアというとワインのイメージが強いかもしれないですが、北イタリアは簡単にビールが手に入ります。

 

 

 

 

こっちは夜に到着した時の写真です。空港施設自体は古くないですし、至って普通。ですが、機内は・・・。

 

 

 

イタリア人といえば、食へのこだわりは並々ならぬ物があります。ですが、以外や質素な機内食。エコノミーだったからかもしれないですね。

 

 

 

 

途中でサンドイッチのサービスがありました。長時間フライトでは小腹が空くので、ありがたいサービスです。

 

 

 

機内から見る朝焼け、夕焼けって大好きです。時間に関係なく、少し太陽に近づけた気がするのはテンション上がります。

 

 

 

とここまではいいのですが、機内エンターテイメントシステムは衝撃的にしょぼいです。一応、映画や音楽のデータは入っているのですが、楽しめるかどうかは期待しない方がいいです。自分でタブレットや音楽プレイヤーをもちこむことが必須。

 

飛行機乗ったら寝ちゃう人にはいいですね。ディスプレイの光が気になって寝にくいなんてことにはならないので。

 

 

 

日本語の書体も、いかにもって感じ・・・。

 

 

 

 

今どき「ラップかよ!」って思いましたが、まあいっか。

 

 

 

 

パンのおかわりは積極的に回ってきてくれるのはうれしいところ。そのまま食べて、もう一個はチーズとバターで食べてと楽しめます。

 

 

 

イタリアといえばパスタ。湯で具合にもさぞやうるさいはず。だってフランスで食べるパスタのことをボロカスに言ってたから。

 

でも、機内はその限りではないようです・・・。

 

 

 

 

幸い、自分のフライトはガラガラで窓際の3列シートを独占することができました。肘掛けを上げてしまえばエコノミーフラットシートの出来上がり。

 

 

 

 

大陸の広い空は大好きです。

 

 

 

 

やけくそでよくわからないアニメを見てみました。

 

 

 

 

ヘッドレストはいい雰囲気出してましたね。

 

 

 

よほどアリタリアでないと飛んでいない場所(イタリアの地方空港とか、島とか)に行くのでなければ、他の航空会社にしたほうが快適性は間違いなく上です。

 

でも、空いている確率は高い気がするので、「飛行機乗ったら、寝るだけ!」という人にとっては、魅力的かもしれませんね!