「国内」カテゴリーアーカイブ

健康を気遣う労力と、長生き、アクシデントによる死のリスクはどんなバランスなのか

日本はもちろん、欧米各国も日と健康は大きなビジネスだし、面白くもないスキャンダルを連日流している日本のテレビも。政治、人権、環境問題を連日報道している欧米のテレビも、CMでは必ず「美と健康」に関する企業のものが流れている。

 

 

台湾で小籠包にビール! 小皿料理をいろいろと。意外とヘルシーっぽい見た目だった・・・。

 

 

ふと思うのは、健康を管理し食事を制限し、気を使うために費やされる労力を、そこまで健康を気にしないことで節約し、日々できる他のことに時間を費やすのと、健康を管理することで長く生きて得られるトータルの時間とはどちらが最終的に多くなるのだろうということ。

 

ドイツはシュニッツェル(カツレツみたいなもの、ラードで揚げる)に付け合せがフライドポテトという強力なコンビネーション!

 

 

長く生きればその分、トラブルに合うリスクも増す。

 

最近はアクセルとブレーキを踏み間違って暴走するクルマや、スマホいじりならイヤホンして走る自転車など、本人の注意では避けられないリスクが報道されている。

 

それによってコツコツと積み立ててきた健康という貯金が一瞬でパーになることだってあるんだ。

 

そう思うと、今を全開で好きなモノを飲み食いして生きておくのがいいんじゃないか。

 

命はひとつ、人生一度切りというフレーズにさらに言い訳の理由を強化することに成功した土曜日なのであった。

 

はじめてユースホステルに泊まってみた ホステル「ワイズ アウル ホステルズ トーキョー(WISE OWL HOSTELS TOKYO)」

連休明けから仕事スタートも、いまいちペースがつかめず、夜は飲み屋に。
ペースがつかめなかったのは、飲みのペースもしかりで、普段飲まない焼酎にまで手を出したのが良くなかったのか、すっかりと終電を逃してしまった。
で、駅のそばにあるユースホステルに投宿。聞けば宿泊費は2800円とか。タクシー乗るよりもずっと安い。
“フクロウのように賢く東京を夜まで遊びつくす”をコンセプトに掲げるホステル「ワイズ アウル ホステルズ トーキョー(WISE OWL HOSTELS TOKYO)」。朝チェックアウトした後に撮影。一見普通の雑居ビルといったたたずまい
部屋はドミトリータイプ。大きな部屋に2段ベッドがいくつもある相部屋。いびきがすごい人が一緒の部屋だと地獄なんだと聞いたことがあるタイプ。
安い&ディズニーランドへのアクセスがいい(京葉線で1本)、ということもあってか、外国人の宿泊者が多いところだった。
不安もありつつ、酔ってるし寝られればいいやと入ってみた。
宿泊フロアにアクセスするためのエレベーターには、カードキーをかざさないとボタンが押せないようになっていて、しっかりしていた。
広さはこんな感じ。幅はそれほどじゃないけれど。長さは十分
ベッドも意外と悪くない。広くはないけれど、寝床は硬くないし、臭くもない。
最大の心配事だった、いびきをかく人もいなかったし。共同のトイレやシャワールームも清潔感があった。
コンセントは普通のタイプに加えて、USBジャックが直接させるタイプもありました
ベッドの荷物を置くスペース。バッグ一つくらいなら余裕。小さいLED照明がセットされている
男女相部屋なのはどうだろうかと思う人はちょっと向かない。
というか、自分が入った深夜にはみんな寝静まっていたので、朝になってカーテンを開けてベッドから出てみたら女の人がいて、こっちがびっくりした。
50円の歯ブラシせっとで歯を磨いて、シャワーをあびて仕事へ。
よく飲むところのそばに、こんな宿があるなんて、気兼ねなく飲み過ぎてしまいそうでやばいですね。

ホテルがいいって方は ホテル サードニクス東京

朝になると1階にはコーヒーショップが登場する。寝覚めの1杯は欠かせない。でも、起床後1時間以内はコーヒー飲まない方が体にはいいんだとか。急がずゆっくり。

 

 


 

国内にクルマで出張してきました

飛行機を使った出張ネタばかり書いていますが、国内の出張もあります。自分でクルマを運転してってことも。

 

先日は、長野山梨方面へレンタカーで日帰りしてきました。

 

借りたクルマはカローラフィールダーハイブリッド。

↓これ

トヨタ・カローラ・フィールダーハイブリッドG (写真はカタログページより)

 

 

大人3人で出かけてきました。使い勝手の良いサイズと、安定した走行性能が魅力。さすがカローラ!

 

 

大人数+山道だったからか、燃費はイマイチ。18km/Lくらいでした。カタログ値だと33.8km/lとかだそうなんで、実用レベルではかなり差があるようですね。

 

走行距離は

 

じゃん

走行距離は約470km。でもガソリンはまだ3メモリ残ってました

 

無給油で帰ってこれたのはプラスポイントですね。長野はガソリン代が全国的に見ても高いエリアなので、できれば給油したくない・・・。

 

上りがきついと、どうしてもモーターじゃなくて、エンジンで走っている時間が長くなるので、燃費は落ちちゃうんでしょうね・・・。

 

とはいえ、ミニバンよりも燃費はいいのかな。

 




国会図書館で図書館カレーを食ってきた

図書館カレー

 

 

霞ヶ関で仕事があったので、お昼ごはんどうしようかとおもって、国会図書館に食堂があったと思い行ってきた。

 

 

さらっと入って食べようと思ったら、当日利用登録をして、IDをもらって入らないといけないということで、意外と大変だった。

 

 

メニューは「図書館カレー」をチョイス。メニュー見て一択でした。写真のブツです。シンプルにカレー、牛肉。なんか給食みたいな味でほっこりした。

 

 

なんかメガカレーみたいなメニューがあったんですが、陳列ケースのサンプル見たら、トレーに盛り付けてる? みたいなデカさでした・・・。