cash-berry のすべての投稿

タイ国際航空で出張してきた

タイに行くならタイ国際航空。タイのフラッグ・キャリアです。アライアンスはスターアライアンス。

 

 

タイ王国の威信をかけているかはわからないけれど、機材は新しくて快適! 東南アジアというと発展途上国みたいなイメージを持っている人も多いかもしれないですが、そんなことないです。タイは先進的。総2階建て旅客機のエアバス・A380の導入も早かった。ちなみにタイ国際航空とは別にタイ航空というのもあるんだとか。

 

 

成田〜バンコク便にこのでかい機体を使っているので、繁忙期じゃないと結構空いてる! なのでエコノミーでも隣が空いている確率が高い気がします。逆に夏休みとかみんなが出かける時期はダメ。夏休み開けの9月とかは、機体がでかいのに空いてた。

 

 

ただ、この機体。そもそも乗れる人数が多い&そもそも機体がでかいので機内サービスとか、荷物の受け取りとか、他の機体の1.5倍はかかる。その代わり飛行中の安定感は抜群! 良し悪しですね。

 

 

バンコクのスワンナプーム国際空港。広くて明るい

 

 

 

 

 

 

 

機内のエンターテイメントシステムは、まあまあの充実具合。ビールが冷えすぎて、凍っている時があるので注意。氷が缶の中で動くせいで開けると中身が吹き出す! 隣の人にビールかかったら最悪・・・。

 

そういえば、街なかで乗ったハイエースもガンガンにエアコンかかって寒かったな。

 

 

機内食も日本人の舌にあっているとおもいます。普通に美味しい。タイに行ってタイ料理を食べて思ったけれど、日本のタイ料理屋さんのレベルって高いね。

 

現地とほとんど同じ味だったよ。でも、タイ料理+そば+ケーキっていう食い合せは悪いよね。カトラリーはプラスチック製でした。

 

バンコクのスワンナプーム空港は立派で綺麗。下手なヨーロッパの空港よりよっぽどいい。仏像も空港内でかなりのボリュームを占めているので、乗り換えだけでも気分を味わえる。

 

ヨーロッパに行くのにタイエアーという選択肢もあり。成田〜バンコク5時間。バンコク〜ヨーロッパ10時間。ご飯美味しいし、機材きれいだし、そこまで混んでないし、安い。これは意外な発見だった。

 

いわゆる南回り航路になるんだけど、普通南回りっていうと中東経由になる。でも所要時間はバンコク経由も中東経由も結局同じ。最初に短いフライトで飛ぶか、後が短いフライトになるかの差。バンコク経由のほうが時差ボケも軽くて済んだし、ヨーロッパに安く行くにはおすすめしたい。

 

 

 



 

スイス航空で出張してきた

スイスエアー、スイス航空。その名の通り永世中立国スイスの航空会社。ドイツ南部へ行くときはチューリッヒで降りて陸路でアクセスしたり、乗り継ぎでイタリア方面へ行くのに使いました。

 

あとフランス東部内陸、アヌシーとかに行くなら、パリまで行くよりもジュネーブ経由で陸路がずっと早いです。

 

機内食では、スイスワインが小さなボトルで楽しめるのもポイント。料理は素朴な味付けなので、好き嫌いも出にくいのではないでしょうか。

 

期待も割りと新しかった。エンターテイメントシステムはあんまり記憶に無い。ってことはそんなに充実してなかったのかも。

 

機内のワインがおいしかった上位にランクインするのはスイスエアーですね。

 

 

KLM航空で出張してきた

 

オランダの航空会社KLM。なんでかわかんないけど、自分が利用するときは100%出発が早まる。空港につくと、「15分早く出るよ!」ってアナウンスをよく聞く。遅れるよりはいいけどさ。

 

 

ヨーロッパ行くなら好きな航空会社。アムステルダムから各都市への乗り継ぎも便利だし、機材もきれい。エコノミークラスでもそこまで狭いと感じない。やっぱり大柄なオランダ人が乗るからかな? 日本人標準体型の自分には余裕。

 

 

ハブ空港はオランダ・アムステルダムのスキポール空港。なんで航路が北極圏寄りだから、ドイツ、スイス経由よりも1時間ちょっとくらい飛行時間が短くて最初の空港に到着できる。少しでも飛行時間が短いほうがいいって人はベネルクス経由か北欧経由でヨーロッパへ行くといい。

 

 

何よりスキポール空港の雰囲気がすき。サインとかのデザインがいいよね。ミッフィーグッズも売っているので、お土産を買うには困らない。

 

 

ただ、日本人体型の人にはシャツを服を買うのはあまりおすすめしない。前にシャツを忘れて、スキポールで買ったんですが、サイズが合っているのに袖がやたらと長かった(それをサイズが合っていないという・・・)。

 

もちろん試着させてもらったんですが、ケチってセール品の中から選んだのが良くなかった・・・。ジャストフィットのシャツにすればよかった。一緒に買ったニットは良かったな。今でも愛用してる。

 

 

 

飛行機出張族のスーツケース選び

・海外に1週間行くときの荷造り(スーツケース)





Lサイズ・大型(51~80リットル):3~7泊向け

自分が使っているのはこのサイズです。加えて機内持ち込みサイズ(3辺115cm以内)のバッグを1つ。更にワンサイズ大きいスーツケースも販売されていますが、チェックインカウンターで預け荷物にする時に、航空会社によっては追加料金を取られます。また、容量が大きいとたくさん荷物を入れてしまうので、重量面でも超過料金の対象になってしまいます。

重量はだいたいの航空会社は23kg。エミレーツ航空は30kgまでいけました(2016年時点)。もちろん1kgでもオーバーすれば超過料金の対象になりますが、自分の経験上では、航空会社スタッフの厳密さによります。その国の言葉で愛想よくあいさつすれば、結構いけます。横柄な態度や、あいさつをしないと厳密にされるとか。海外は日本以上にあいさつを大切にします。他国では、ほかのことは、どれほどかいいかげんですが、客→スタッフへのコミュニケーション頻度が一番低いのは日本だと思います。

写真は自分が持っているスーツケースです。なんで2つもあるかというと、ある時に、2つの出張を1週間あけて立て続けに海外出張しなければならないことがありました。その最初の出張で白い方のスーツケースが破損(キャスターの台座が陥没した)。もちろん航空会社の保険で修理してくれるわけですが、1週間では直りません。でも次の出張には行かなければならないということで、急場でもう一つスーツケース(黒い方)を購入するはめに・・・。で、2つ目の出張から帰ってきた後に、修理に出していた白いスーツケースが戻ってきたので、今手元には2つあるといわけです。スペアとしてキープしています。

 

・ハードタイプかソフトタイプか

スーツケースがハードタイプか、ソフトタイプか悩まれている方もいると思います。荷物の保護性能はどちらも同じ程度。ですが、高さのあるものを収納したい場合はソフトタイプの方がいいと思います。ハードタイプはモナカのように左右にわかれるように開きますが、ソフトタイプはフタが開くような設計が多いので、荷室の深さがあります。なので、厚みのあるものを持ち運ぶことが多い人はソフトタイプがいいのではないでしょうか。

 

・キャスターの数は?

いま販売されている大型のスーツケースは、ほとんどが4輪タイプだと思います。自分も4輪タイプをおすすめします。スーツケースの損傷はキャスター周辺が多いです。もし2輪タイプでキャスター周辺が損傷すると、移動する事ができません。でも4輪タイプなら、残った2輪でどうにか移動することができます。

 

・高級モデルは何がいいのか?

自分が購入するのは、高くても1万円前後のスーツケースしか購入しないと決めています。なぜなら、どんなに高価なモデルであろうとも破損のリスクを0にはできないからです。もちろん高いスーツケースは修理のサービスも有りますが、追加でコストがかかります。

15万円のスーツケースを買ったとします。10年保証。壊れても修理できれば安い買い物だと思うかもしれません。でも10年もあれば製品が進化します。それならば最新技術が安価なモデルに落とし込まれてきたものを、都度都度買い換えるほうがいいと判断したからです。

ただひとつ、高級モデルが素晴らしいと思う点があります。キャスターの転がり抵抗の少なさです。中身が少ない時はわかりませんが、20kg近く入れた時の移動しやすさは比べ物になりません。その時ばかりは自分の貧しさを痛感させられます。高級モデルはレンタルするっていう手もあるみたいですが、まだ使ったことはないですね。





余談。このポストのタイトルを、最初は「ジェットセッターの〜」としようとしたけれど、調べてみるとジェットセッターとは「自家用ジェットで各地を飛び回る人」 を意味するんだとか。自家用ジェットはおろか、安いチケットを狙って日本の航空会社も使えない身分である以上、ジェットセッターと言うのははばかられると いうことで、漢字でまとめてみました。


仕事旅ランキング






アメックスゴールドカードって、我々世代には必用なの?

tak_6546%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

クレジットカードはもはや我々の生活必需品の一つですね。その中でも「ゴールドカード」って聞いた時にどう思いますでしょうか? 「お!すげー!」となるのか、「ああ、まあそういうのもあるらしいね」と思うのか。どちらでもいいのですが、一昔まえならばすごい栄光を放っていたゴールドカードの一つに「アメックスゴールド」というのがあります。でも、実際に使ってみてちょっとがっかり。

  1. ・空港の営業に引っかかって入会してみた
  2. ・年会費は3万円。それをどうやってペイするか
  3. ・ペイしなかった・・・

自分は前者でした。で、空港でよくやっている営業に引っかかって作ってみました。人生何事も経験だと思って・・・。結果、自分の生活には必要ないなという結論に至りました。

  • カード利用で貯まるポイントをマイレージに高効率で変換できる。

たしかにそうだけど、現金→ポイントの還元率があまり良くないので、相当額使わないとマイレージがばんばん貯まるという感じにはならない。電気、水道、電話などを一つにまとめるべし

  • 空港からの荷物配送が無料(国際線のみ)

自宅から空港への宅配が無料(でも1週間前に荷造りする必要あり)。国際線の空港まで遠い人の場合は得ですが、2時間とか近い距離にいる場合はあまり利用しない。帰国した時は便利です。おみやげで重くなったスーツケースを自宅まで送ってくれます。

  • 付帯している旅行保険がいい?

スーツケースが破損した時に使ってみようと思ったけれど、保証する修理費に免責3000円が入るので、結局修理費-3000円分しか保証してくれない。スーツケース破損の場合は殆ど航空会社が修理してくれるので、そちらを利用すれば修理はできるけれど、じゃあカード付帯保険の出番はないのでは・・・。

 

  • ラウンジ使える・・・

羽田空港の場合、国内線の場合は荷物検査をクリアした後のスペースにある。国際線もそう。出国審査後のエリアにラウンジがある。また、国内の主要空港にはラウンジがあるようだ。

ただ、この羽田空港の国際線ラウンジは混んでいることが多いです。ラウンジに入るために列ができていることもあります。なんだか本末転倒。

成田空港の場合、国際線の荷物検査場を通過する前にしかラウンジがない。荷物検査場を通過した後は各アライアンスのラウンジや、航空会社のビジネスクラス以上のラウンジしか無いので、ただゴールドカードというだけでは使えない。

羽田空港国際線の場合は常に羽田空港から出国する人。または国内線を多く使う人は得。そうじゃない人はアライアンスや上級会員になる必要がある。

 

・航空券を間違って購入した!→キャンセル手数料を何とかしてくれた

アメックスのオンラインから航空券を予約したことがありました。ですが、その時にあろうことが姓名を逆に入力してしまい、そのチケットをキャンセルする必要がでました。

出発まで日数がなかったのでキャンセル料が発生するところですが、メールで問い合わせたところ、キャンセル料なしで大丈夫との返答。これがゴールドカードだったからかはまったくわかりませんが、そう思うことにしました。

30代 コンビニ人間世代の出張族

30代男。何かと出張の多い仕事柄、飛行機、新幹線、バス、レンタカーなどなど、さまざまな交通機関を駆使してあちこち移動しています。ジェットセッターなんて言えればよかったんですが、利用しているのはファーストクラスでもなく、もちろんビジネスクラスでもなく、毎度エコノミークラスのしがない出張族。

庶民派目線で、旅に役立つ情報を発信していきたいと思います。