海外レンタカーでちょっと失敗・・・

先日、海外出張でレンタカーを借りた話を書きましたが、実は現地で借りている間にパンクしまして・・・。

 

 

ヨーロッパの駐車スペースは、日本では信じられないくらいにタイトな作り。運転イヤでもうまくなります。あ、駐車場でぶつけたことないですよ

 

 

原因は、道端に落ちていたラグビーボール大の石を踏んでしまってフロントタイヤをパンクさせてしまいました。

 

幸い、車載の修理キットで穴を塞ぎ、無事に返却地点までかえってくることができました。

 

ただ、ちょっと問題が。

 

パンクしたらスペアタイヤに交換するのかと思っていたら、今は修理キットで直すのが普通みたいです

 

それは、レンタカーを予約した時に、フルインシュアランス=全部カバーする保険 に加入していたんです。ところが、現地でクルマを借りる時に「保険入ってないよ、入ったほうがいいよ」ってことで、なんか契約内容と違うな・・・と思いつつ、手続きのミスかと思って再度保険を契約してしまったんです。

 

これ、帰国してから問い合わせて知ったんですが、最初の予約段階で申し込んだフルインシュアランスは、レンタカー予約サイト独自の商品だそうで、現地のレンタカー会社が用意しているそれとは異なるものだと。

 

仮に、現地で保険を勧められて加入せず、かつなにかしらのトラブルが発生した場合、修理代金などは現地で一度立て替える必要がありますが、あとあとレンタカー予約サイトの保険でカバーしてもらえるということでした。

 

ややこしや。

 

まあ、知らないのがいけないんですが、なかなかにしてわかりづらいことであるのは間違いありません。

 

二重に保険に入ってしまった旨をレンタカー予約サイトに連絡した所、予約サイト側で入った保険加入料分は返金してくれましたので、柔軟な対応でありがたかったです。

 

 

次に予約するときは気をつけよう・・・。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA