エミレーツ航空でドバイ経由ヨーロッパへ

エミレーツ航空。中東UAEの航空会社で、ドバイを拠点としています。日本からはヨーロッパへ向かうときには、価格が比較的安いので、利用価値があります。羽田、成田、関空どこからでも飛んでますしね!

 

ドバイ空港。砂漠のど真ん中って感じの霞んだ空

 

 

が、いわゆる南回り航路=ヨーロッパへ遠回りのルートになるので、とにかく時間がかかる! なので、個人的にはあまり使いたくないです。

 

とはいえ、悪いことばかりであはりません。エコノミークラスだろうと、アメニティーが全員もらえますし、子供さんにはおもちゃ?かなにかがプレゼントされます。

エコノミークラスだろうとアメニティーセットをもらえます。中身はソックスとアイマスクと歯磨きセット。ハズレだと歯磨き粉が固まって使えないことも・・・。

 

機内食も肉か魚にくわえて、ハラルやベジタリアンメニューなど細かい要望に対応しています。肉料理は羊肉が食べられます

 

 

機内食は質、量ともに十分。エコノミークラスのエリアが広いので、サーブには時間がかかります。食事の匂いはすれど、なかなか辿り着いてくれない。気長に待ちましょう。

 

お酒の種類は豊富。イスラム教の国の飛行機ですが関係無いようです。ビール、赤白ワイン、ウイスキー、シャンパン。

 

ソフトドリンクも種類豊富。

 

 

牛肉とポテト、デミグラスソースあえに、フルーツ、ヨーグルト、パン、ジュースが付きます。他にアルコール類や、コーヒ、紅茶のサービスも

 

電源、USBジャックはシートへの装備率が高いので、安心です。

 

 

エンターテイメントシステムの内容も充実。映画の本数は今まで利用したどの航空会社よりも多いと思います。日本で公開前の映画もエミレーツ航空機内で先に公開されている場合が。

 

 

飛行時間が長くなるだけあって、飽きさせない、不便にならないような装備が充実しているのはありがたいところ。

電源コンセント、USBジャック、カップホルダーなど充実したシート周り
タッチパネルの動作もまあまあ

 

機内食の時間以外も、ギャレーに行けば飲み物やカップラーメンがゲットできます。

 

このカップラーメンが、日本人が想像するのとは違う味付けになっていて、しかもお湯を入れてから時間がたっても麺に芯が残っているというユニークな食べ物です。

 

でもそれが癖になって、食べたくなっちゃうんですけどね。

 

ドバイの空港では最長乗り換えで6時間待ったことがあります。いくら空港が広いからといっても6時間もあると、何もやることがありません。

 

本当にくつろぎたい人は、有料でラウンジを利用してもいいかもしれません。エミレーツ航空のラウンジはもちろんクレジットカードのラウンジなど種類がいろいろあるので、自分が行ける場所をご確認あれ。

 

 

空港のロビーにあるシートには普通の椅子タイプと、ご覧のようなリクライニングしているものがあります。当然リクライニングのほうが寝やすいので、このタイプは椅子取りゲーム状態です。

 

 

 

リクライニングシートをゲット!

 

 

ターミナルの途中には子供が遊べるスペースもあったりしました。子供同士で国際交流ですねー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA